基本的なこと

池袋のキャバクラの基本を確認

池袋のキャバクラで働くなら

女性のちょっとしたしぐさ

池袋のキャバクラに面接に行ってみると、その日に体験入店をすることになる場合も珍しくありません。しかし、これまでに未経験の人の場合には、体験入店をする場合には、分からないことも多いはずです。
そのため、これまでに未経験でこれから池袋のキャバクラで働こうと思っている場合には、少しでも知識をつけてから面接に行くようにすることで安心することができるはずです。

基本システムを確認

未経験の人はまずは、池袋のキャバクラはどのようなシステムになっているのかを確認しておきましょう。
基本的に、池袋のキャバクラは60分の時間制となっています。そして、60分ごとにかかる料金のことをセット料金と言います。この料金以外には、ドリンク代や指名料金、同伴料、ボトル代金が加算されて、消費税やサービス税が加算されます。
これまでに未経験の人にとってはかなり分かりにくい料金となっているかもしれませんが、基本となっていることなので覚えておきましょう。

客や指名について

そして、池袋のキャバクラに来るお客さんには、2つのパターンがあることを確認しておきましょう。お客さんのパターンには、指名客とフリー客のパターンがあります。
フリー客は指名をせずに来店したお客さんで、指名客は来店した時に指名をしたお客さんのことです。基本的にはフリー客には、3人のキャストが入れ替わりで接客をすることになります。
来店した時にボーイが指名の確認をするので、フリー客か指名客かはすぐに分かります。

そして、池袋のキャバクラには、場内指名と本指名があることを確認しておきましょう。場内指名はフリーのお客さんが、その場で指名をすることで、本指名は来店した時に指名をすることです。
本指名によって、時給が異なってきますので、本指名は特に重要なポイントとなっています。